森本会長 島根県医師会ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 健康はわたしたちが幸福であると感じる原点です。そして、それを支える医療制度の構築は医師会にとっての最重要課題です。島根県医師会は各地域の医師会とともに島根の地域医療を支え、県民の健康と安心を守ってまいります。 

 まず皆さまにお伝えしたいのは、わが国の医療制度の素晴らしさです。日本の医療保険制度は、国民皆保険を基盤として、いつでも、どこでも、だれでも、平等にしかも良質な医療を受けられる制度です。世界がうらやむこの素晴らしい日本の医療制度を、皆さまとともに守っていきます。

 一方、わが国の高齢化は世界に類を見ない早さで進み、少子化による生産年齢人口の減少も進んでいます。日本がもはや高度成長期ではない時代にある中で医療財源の逼迫も厳しくなっています。しかし元気で健康で安全に暮らしたいという国民の思いは変わりません。このような状況の中でより良い医療を引き続き提供していくことこそが医師会に課せられた社会的責務であると思っています。

 地域医療提供体制は、地域で生活する方々の安全安心を守るしくみであり、県医師会は郡市医師会とさらに綿密に連帯しながら行政にも働きかけ、基本となる地域包括ケアシステムの構築を応援する体制を作っていきます。

 また超高齢化社会を見据え、予防医療を積極的に進めることによって、高齢者が元気で生活できる島根にしていきます。と同時に安心して子育てができるような環境を整えていかねばなりません。そして、がんの早期発見が可能な検診体制の確立、産業保健・学校保健を通じた職域や学校現場での健康づくり、保健教育の充実についても引き続き力を入れて取り組みます。さらには受動喫煙防止法の趣旨である禁煙運動もしっかりと展開します。

 一方で開業医であれ勤務医であれ、医師に求められる社会的使命は時代によって変化していくとおもわれます。専門的な職能集団である島根県医師会には、そのような医師をしっかりサポートしてゆくことが求められています。医師の働き方改革、新専門医制度など多くの分野で、これからの世代の医師会員が希望と展望を持って医療を続けていけるような様々な支援体制を展開したいと思っています。

 島根県医師会は、地域の医療を守り県民の皆さまの健康と安心を守るために、これからも地域の医師会や行政と協力して活動をしてまいりますので、ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。 

平成29年6月18日      
島根県医師会長 森本 紀彦